持ち家 マイホーム 離婚

「専業主婦だけど、離婚したい」
「専業主婦が離婚したときの収入面の不安を解消したい」
「密かに離婚準備を進めたいけど、バレずに何からすればいい?」

専業主婦で「いざ離婚をしたい!」と思っても、不安も多いですし、何から準備をしていいのかって悩みますよね?

私も専業主婦で離婚をしたので、同じような悩みを持っていたのですが、注意して欲しいのは「勢いで離婚しようと準備をしないこと」

しっかり準備しないと、

・相手とモメてスムーズに離婚できない
・財産分与でダマされ数百万円を失う可能性もある
んです。

そこで、私の離婚経験を元に離婚で損をしないために専業主婦が真っ先にすべき準備リストをまとめました。

離婚を有利に進めて経済的な不安が出ないためにも、まずは相手にバレずにこれから紹介する方法を試してください。

【専業主婦の離婚時の準備リスト】必見!離婚する前に確認すべき7つのこと

専業主婦が離婚前にチェックすべき項目は、下記の7つ。

・財産分与(持ち家など夫婦の共有財産を分けること)
・慰謝料(不倫やDVなど離婚のおもな原因があるとき)
・年金分割(厚生年金の分割ができる)
・親権(子供がいる場合)
・養育費の把握(どちらかが子供を育てるとき)
・離婚費用の算出
・離婚後の家計のシュミレーション

 

とくに、「財産分与」をいち早く確認しましょう。
離婚の準備に気づかれてしまうと、相手が財産を隠し始める可能性があります。

財産分与の中でも、1番問題になりやすいのが「持ち家」の財産分与問題です。

家は半分に分けることができないので、価値の大きい「持ち家」の値段をチェックすることが大切です。

【今すぐ確認】専業主婦の離婚の準備で失敗しないために!持ち家の値段をチェックすべき理由

離婚するとき、マイホームには

1.どちらか一方が住み続ける
2.離婚時に売却を進める

どちらかの選択肢があります。

その際に、まずは家の価値を把握しないといけません。

え、どうして?

自宅の売却金額がザックリでもわかれば、住宅ローンを完済できるかわかるので、

・家を売ってお金を分けたほうがオトクか
・どちらかが住み続けたほうがよいか

といったことが、決定しやすくなるからです。

もし、家の売却額が残っている住宅ローンより高い状態(アンダーローン)であれば、一括返済で借金をゼロにできます。

アンダーローン

さらに、余った利益を財産分与することで、次の生活資金にもできます。

たとえば、住宅ローンが3,000万円残っている自宅が3,500万円で売れるとわかったとします。

この場合は、住宅ローンを完済して、残った500万円のお金を250万円ずつ財産分与ができることになります。

事前に家の価値を把握することで、住宅ローンをどちらが支払うかモメることなく、スムーズに円満離婚できます。

【相手任せはNG】離婚する前に自宅の価値は必ず自分で確認を

家の価値を把握する上で、注意点があります。
それは、必ず自分の目でマイホームの価値を把握すること。

家の価値を知らずに、離婚相手に査定を任せてしまうと、もっともらえるはずだったお金を取り逃すことになり損をしてしまう可能性もあります…

たとえば、

家 査定

なんて、ウソをつかれることも。。。

もし仮に、500万円も安く売却金額を伝えられたら、本来もらえるはずだった250万円を失うことになります。

離婚するとなったら、相手も色々と考えてくるので、お金に関することは面倒でも、自分でしっかりと確認しておきましょう。

→ 今すぐ家を無料査定依頼する

※持ち家の査定が専業主婦の離婚準備の最初の1歩
理想の離婚ライフを手にするために、早めに準備を進めておきましょう。

【実は簡単】家の査定依頼はスマホでたったの60秒でできるんです。

家の査定依頼と聞くと、難しそうに感じますよね?
でも、実は今の時代はスマホで簡単にできるんです。

私も離婚の際に利用させてもらった完全無料の不動産査定サイトの「イエウール」を使えば、スマホでLINE感覚で入力するだけで自宅を簡単に査定依頼できます。

ネット上で査定依頼でき、連絡先の電話番号やメールアドレスをご自身のものを登録すれば離婚相手にバレる心配もありません。

不動産業界では有名な上場企業が運営するサービスなので、プライバシー保護も安心です。

査定=売却ではないので、安心してお試しできます。
査定金額に納得したら、売却も考えておきましょう。

まずは、離婚相手よりも先に、マイホームの価値を知ることが大切です。

⇒完全無料で自宅の価格を一括査定依頼してみる

【知らないと大損】マイホームを最高額で売るためには?

自宅をできるだけ高く売りたいなら、無料の一括査定サイトがオススメです。
なぜなら、不動産会社にはそれぞれ得意ジャンルがあるから。

不動産 得意 不得意

築年数が浅い物件を売るのが得意な会社もあれば、古い家を売るのが得意な会社もあります。

だから、同じ物件でも業者によって査定額が大きく変わることもあるんです。

不動産価格の差

当然、あなたの自宅を売るのが得意な会社に任せたほうが、高く売れる確率が上がるわけです。

なんと、不動産会社によっては、査定額に500万円以上の差が出たこともあるそうです!

実際に、私がインターネット調査で複数の不動産会社に見積もりを取ってもらったところ、たしかに500万円以上も査定額に差が生まれるケースがありました。

※画像は査定結果のイメージです

あなたも、自宅を少しでも高く売りたいと思ったら、まずは無料査定をしてみましょう。

無料査定サイトの「イエウール」は、利用者の2人に1人が自宅を平均342.5万円も高く売っています。

入力もスマホで簡単、60秒で査定依頼が完了するので、いますぐ自宅がいくらで売れそうか調べてみてください。

→ 自宅がいくらで売れそうか無料で査定依頼する

自宅を高く売ることで、離婚後にあなたのもらえるお金が増える可能性もあります。

離婚前の準備で家の価値を事前に知っておくことで、

・スッキリ離婚ができた
・適切な財産分与ができた
・離婚後の生活資金の足しになった
・ローンでモメることも無くなり、気持ちがラクになった

こうした声は多く聞きます。(私もそうでした)

あなたも財産分与でもらえるお金を少しでも増やしたいなら、まずは無料の一括査定を試してみてください。

離婚の準備の第一歩です。