【誰でもすぐに】1分でできる固定資産税の計算
今すぐ知らないと大損する可能性も!?

「固定資産税を少しでも安く抑えたい…」
「控除が終わったらどのくらい固定資産税は上がっちゃう?」
「相続したけど住まない家の税金ってどのくらい?」
「税理士に頼まなくても、自分で計算できる方法はない?」

色々ある固定資産税の悩み。どのくらいになるか専門家じゃないと把握できないと思いますよね?

でも実は、小学生でもわかる超簡単な計算方法があるんです!

固定資産税をよく知らないままでいることで、

注意
・支払いがきつくなる
・空き家のまま放置したせいで6倍も固定資産税が増える
・古い家でどんどん税金で圧迫される

といったデメリットが年々大きくなっていく可能性もあります…

そうなると、持ち家の固定資産税はまさに「負の遺産」…。

状況次第では、売却の検討もする必要があるかもしれません。

そこで今回は不動産業界に精通している私が

  • 誰でもすぐにできる固定資産税の計算方法
  • もし売却も視野にいれるなら知らないと損する査定術

をご紹介します!

簡単にできる固定資産税の計算方法って?

計算

実は、固定資産税の計算方法を超カンタンです。

不動産の評価額(厳密には課税標準額)に1.4%をかけるだけ。

<固定資産税の計算方法>
不動産(物件)の評価額×1.4%

つまり不動産の評価額が分かれば、簡単に固定資産税の計算はできます。

でも、どうやって不動産の評価額って分かるの?

税理士とか不動産鑑定士に依頼しないと分からないんじゃないの…?

そう思うかもしれませんが、安心してください!

税理士や不動産鑑定士にお願いするのが一般的ですが、お金も時間もかかってしまいますよね?

でも、”自宅で、しかも無料で”不動産評価額を知る方法があるんです。

【自宅でカンタンに】不動産評価額を無料で知る方法

不動産評価

税理士に頼らず(お金をかけず)自分で不動産の評価額を簡易的に計算する際に使うのが実勢価格と呼ばれるもの。

実勢価格とは?
不動産が実際に取引成立したときの価格のことで、不動産評価額は実勢価格の70%くらいとなります。

実勢価格はリビンマッチという無料の査定サイトで最短45秒で調べることができます。

LINEをするような感覚で簡単に入力ができます!▲

不動産の査定サイトはいくつかありますが、リビンマッチを使うようにしましょう。

リビンマッチ おすすめ

固定資産税の計算の最初のステップは、リビンマッチを使って今の不動産の査定額を知るということです。

※査定サイトで調べた価格は厳密には実勢価格とは異なりますので
あくまで参考程度に考えてください。

 

査定で出た実勢価格に70%をかければ、不動産評価額の概算をカンタンに出すことができます。

<不動産評価額の計算方法>
実勢価格×70%

 

計算方法の例
リビンマッチを使って分かった家の実勢価格が3,500万円だった場合、

3,500万×70%=2,450万円

これが不動産評価額になります!

この金額に1.4%をかけると・・・

2,450万円×1.4%=34.3万円

これで、おおよその固定資産税が分かります!

いかがですか?思った以上にカンタンだったかと思います。

固定資産税の計算をするのにはじめにするべきは、「不動産の査定額を知ること」なんです!

→ 今すぐ無料で不動産の査定額を知る

土地の場合はどう計算する?

住宅やアパート等の土地(住宅用地)の場合は、軽減税率が適用されます。

・住宅用地(住宅やアパートの土地)の特例
課税標準額と不動産評価額は異なり、以下の計算式で求めます。

<土地の課税標準額の出し方>
・小規模住宅用地(200㎡以下の住宅用地)の場合
→ 土地評価額×1/6
・一般住宅用地(200㎡超の住宅用地)の場合

→ 土地評価額×1/3

 

この式で土地の課税標準額が分かったら、先ほどと同じ形で固定資産税額の計算をします。

<固定資産税>
課税標準額×1.4%
土地の固定資産税計算方法の例
土地の実勢価格が2,000万円で小規模住宅用地だった場合、

2,000万×70%=1,400万円

これが土地の不動産評価額になります!すると、

1,400万円×1/6×1.4%=32,666円

これでおおよその土地の固定資産税が分かります!

上記の形で、だいたいの家・土地の固定資産税を計算することができるんですね!

 

「固定資産税が高すぎ!」「支払いが厳しい…」
と、感じたらすぐに売却も検討すべき理由

もし固定資産税が高すぎると感じたら、家の売却も視野にいれるべきです。

最近は固定資産税の負担が大きいことから、家の売却を検討している人は増えています。

特に注意して欲しいのは「住まなくなった家を相続した」「空き家を放置してしまっている方」

空き家のまま家を放置しておくと、固定資産税の特例が受けられなくなり固定資産税が最大6倍に跳ね上がるケースもあります。

ムダにかかる税金がさらに圧迫されるだけではなくて、空き家のままだと火事や倒壊のリスクもあるので、維持費用でさらに負担が増えるんです。

空き家のリスク

まさに負の資産

支払いがきついし、誰も住んでいないからといって固定資産税の支払いを無視すると、延滞金がかかるだけでなく、最悪のケースは差し押さえ処分にされるリスクもあります。

そうならないためにも、売却も視野にいれることをオススメします。

実はここ数年、不動産価格は上昇して過去の最高査定額を更新している事例がたくさん。

※出典元:国土交通省
https://www.mlit.go.jp/common/001350281.pdf

この背景には、オリンピック需要はもちろんですが

外出自粛やリモートワークの影響から住み方や住んでいる家への不満から中古住宅の需要が増加し、在庫が少なくなっていることも関係しています。

不動産の価値が高まる要因がいくつも重なった、まさに近年稀に見る「不動産バブル」なんです。

実際に紹介したリビンマッチを使って高値で売却できたことで

・固定資産税などの維持費がなくなり身軽になれた

・両親の老後費用にあてれた
・購入時より高値で売れて住み替え時の頭金が作れた
・負の遺産を売却できて建て壊しの費用を抑えられた
・家族で旅行など好きなお金の使い方ができた
・財産分与や相続など問題から解放される

など、嬉しいことがたくさん起きている方が増えています。

リビンマッチは不動産比較サイトで国内最大級の全国2,600事業所の中から厳選した査定物件に強い会社を選んで、一括で査定をしてくれます。

リビンマッチ

だから、高額査定がすぐに見つかります。

実際に、リビンマッチで複数社に査定をしたことで最高額と最低額に平均635万円の差があるというデータもあるんです!

※査定依頼をした物件の最低査定額と最高査定額の差の平均を算出
※運営会社様の調査による差分で実際に査定した場合の差額の保証ではありません

リビンマッチ使わないで売却しようとすると、どれだけ損するかが分かりますね…!

リビンマッチなら!
◯完全無料で自宅からでもスマホからでも査定申込みが可能
⇒1件1件不動産会社に回る必要がない!

 

◯厳選された全国約2,600事業所の中から相性の良い最大6社から査定を取れる
⇒家の最高額を簡単に知ることができる!

 

◯上場企業が運営&CMも放送している
⇒大手が運営しているからセキュリティも安心

 

◯最短45秒で査定ができる

だから家を安く売却して損をすることがないように、売却価格を高くするにはリビンマッチを使ったほうが良いんです。

「今すぐに売却を・・・」ということではありませんが、後々「今よりも価値が下がって損してしまった…」

なんてことがないように、将来的に売却を検討するためにも、この機会に不動産価値だけでも把握しておくことをおすすめします。

査定したから絶対売らないといけないわけではなく、まずは相場を知りたい方も自宅にいながら完全無料で査定できるのでノーリスクで安心です。

査定依頼はこちら

まずは完全無料で家の価値を知る

運営者情報