離婚時にマイホームはどう対処する!?知らないと大損する持ち家の財産分与の進め方

持ち家 マイホーム 離婚

離婚時の財産分与で1番大きな悩みになるのが、持ち家をどうするか?

という問題。

・どちらかが住み続ける場合の財産分与はどうする?
・住宅ローンが残っている場合、どうなる?
・売る場合のベストな選択肢は?

など、

離婚しても持ち家を2つに分けることはできないからこそ、離婚時にまず最初に解決しておかないと後々モメて面倒になるところです。

そこで今回は離婚時のマイホーム問題でモメないために1番はじめにやらないと大損する”たった1つのこと”をご紹介します。

どちらかが住み続ける場合

住宅ローンが完済しているケース

住宅ローンが完済している場合は、家の評価額を知ることで、その半分の金額を財産分与として受け取ることができます。

今の家の相場次第では、むしろ売却して財産分与した方がお得なケースもあるので、「住宅ローンが完済している場合」の最初のステップは今の資産相場を知ることです。

⇒無料で今の家の相場を知る

住宅ローンが残っているケース

住宅ローン

特に厄介でモメがち・知らないと怖いのは住宅ローンが残っている場合です。

※住宅ローン残った状況での離婚のリスク

まず、住宅ローンが残っているとどちらが支払いをするかなどでモメるケースは珍しくなく、スムーズに離婚ができなくてストレスになる。

という夫婦は多いです。

また、主な債権者の支払いが滞った場合に、

「連帯保証人の片方が支払いの責任を急に背負うことになる」

というリスクがずっと付きまといます。特に今のご時世は給料の減少などが増え、ローンの支払いができないケースが増えているんです。

さらに怖いのは、どちらかが住み続ける場合に
債権者の支払いが滞ったら強制退去で住むところが急になくなる可能性があること。

例えば、夫名義の家に妻と子どもが住み続ける場合、夫が支払いを滞納したことで「妻は家を強制退去させられて住む家を失う」もしくは「ローンの一括支払いを求められる」というリスクがあります。

これは意外と世の中はあるあるの事例なんです。

夫婦間では「夫が払う」と合意していても、金融機関に対する責任から逃れられるわけではありません。

他にも・・・

ローンの名義人が家に住んでいない場合(例:夫名義の家に妻が住み続ける)
⇒金融機関にバレると一括返済を求められるリスクも

・共同名義もしくは連帯保証人で夫婦で入っている場合の解消
⇒別の連帯保証人を立てないといけなかったり、再審査のハードルが上がる。ここでまたモメたりストレスが溜まる…

などなど、離婚時に持ち家を保有するのはリスクがとても多いんです。

では、どうすれば良いのか?全てのリスクを解決する方法はたった1つだけです。

離婚時の持ち家のベストな選択は「売却をすること」です。

もし、家の売却額が残っている住宅ローンより高い状態(アンダーローン)であれば、一括返済で借金をゼロにできます。

さらに、余った利益を財産分与することで、次の生活資金にもなるんです! 

アンダーローン

つまり!離婚時の持ち家のベストな対処法は一括査定で1番高い査定額を知り、売却を検討すること。

そして、家を高く売却するには「知らないと大損すること」があります。

家を高く売るのに知らないと損することって?

それは、業者によって査定額が1000万以上も変わることがあるということ。

実は、不動産によって得意な物件(戸建て・マンション)や土地に得意・不得意があります。

不動産 得意 不得意

だから、同じ物件でも業者によって査定額が大きく変わることも!

不動産価格の差

そのため、不動産の査定は複数業者から見積りを取らないと大損する可能性が高いんです!

もし、査定額が安ければオーバーローンと呼ばれる、住宅ローンの残債が住宅の相場よりも高い状態になってしまうので、残債でモメるといったリスクが解消できません…

オーバーローン

だから離婚時の持ち家問題は、一括査定を進めることなんです!

でも、1件1件業者を回るのは時間もかかるし、書類の準備も大変だし、
そもそも自分が売りたい物件がどの業者が得意か分からないですよね…?

自力で見積もりは大変

でも、今の時代は「無料で簡単に不動産の最高額を知れる」便利なサービスのおかげで、査定額が大きく上げることができます。

それが「リビンマッチ」という不動産査定サイトです。

リビンマッチは不動産業界では有名な上場企業が運営する無料サービス!

リビンマッチ

不動産比較サイトで国内最大級の全国2,600事業所の中から厳選した査定物件に強い会社を選んで、一括で査定をしてくれます。

リビンマッチ

だから、高額査定がすぐに見つかるんです!

使い方もLINE感覚で質問に答えるだけなので、とっても簡単!

不動産一括査定には怪しいサイトもありますが、リビンマッチなら

リビンマッチ おすすめ

まずは相場を知りたい方も自宅にいながら完全無料で査定できるのでノーリスクで安心なんです!

実際の口コミでも、リビンマッチで複数社に査定をしたことで最高額と最低額に平均635万円の差があるというデータもあります。

※査定依頼をした物件の最低査定額と最高査定額の差の平均を算出
※運営会社様の調査による差分で実際に査定した場合の差額の保証ではありません

リビンマッチ使わないで売却しようとすると、どれだけ損するかが分かりますね…!

リビンマッチの運営会社は、プライバシーマーク制度の認定企業です。 個人情報の扱いが徹底されておりますので、離婚相手に情報を伝えることはありません。

査定依頼はこちら

まずは完全無料で家の相場を知る

※ご連絡先情報は正確にご入力ください

離婚時に家の高い査定額を知ることで

・スッキリ離婚ができた
・適切な財産分与ができた
・離婚後の生活資金の足しになった
・ローンでモメることも無くなり、気持ちがラクになった

など、離婚時に1番モメる家の問題でごちゃごちゃすることなく、気持ちよく離婚することができます。

繰り返しにはなりますが、「離婚したい」と思ったら、最初にやらなければいけないのは一括査定で今の家の相場を知ること。

そのために、リビンマッチを活用することがオススメです。

改めてまとめると・・・

リビンマッチなら!

◯完全無料で自宅からでもスマホからでも査定申込みが可能
⇒1件1件不動産会社に回る必要がない!

 

◯厳選された全国約2,600事業所の中から相性の良い最大6社から査定を取れる
⇒家の最高額を簡単に知ることができる!

 

◯上場企業が運営&CMも放送している
⇒大手が運営しているからセキュリティも安心

 

◯最短45秒で査定ができる

 

後々「今よりも相場が下がって損してしまった…」

なんてことがないように、リビンマッチで無料で家の相場を査定依頼致しましょう。

45秒で簡単一括査定

※ご連絡先情報は正確にご入力ください

追伸:売却を少しでも考えたら、早めの行動がオススメの理由って?

少しでも家の売却を検討しているなら、早めに査定を取ることをオススメします。

実はここ数年、不動産価格は上昇して過去の最高査定額を更新している事例も出てきます。

※出典元:国土交通省
https://www.mlit.go.jp/common/001350281.pdf

この背景には、オリンピック需要はもちろんですが

外出自粛やリモートワークの影響から住み方や住んでいる家への不満から中古住宅の需要が増加し、在庫が少なくなっていることも関係しています。

不動産の相場が高まる要因がいくつも重なった、まさに近年稀に見る「不動産バブル」なんです。

でも、今後は不動産相場がガクッと下がる要素ばかり…

①住宅購入の人口層の激減

新たに住宅を購入したり借りたりする需要は20歳〜49歳までの人口層が9割を占めると不動産業界では言われています。

※出典元:https://owners-style.net/article/detail/11720/

2025年になると人口層で1番大きな団塊ジュニア世代が50歳以上となるため、住宅需要が一気に低下してしまうのではないか?という懸念が大きいです。

②生産緑地の2022年問題

生産緑地は1992年に生産緑地法で定められた土地制度のことで、簡潔に言うと

「この土地は30年は農地として使ってください。その代わりに固定資産税など税金優遇をするよ。」

というものです。

この30年が2022年に切れると、税制優遇が無くなり固定資産税が上がるので維持負担が大きくなります。

また、住宅や商業施設としての土地活用ができるよう市町村への買取の申し出が可能となるので、市場に土地が大量に共有されるようになります。

その結果、地価の暴落が進むこと懸念されているんです…

この2つの問題から、今の不動産バブルがはじけて不動産相場が暴落する可能性は大!

だから、早めに自分の家の相場を早めに知り、売却するのか検討することが大切なんです。

リビンマッチなら、自宅で簡単に家の最高売却額が分かります!

思いがけない金額で売れたら、住み替えや旅行などのちょっとした贅沢もできるかもしれません。
完全無料で使えるので、不動産相場が暴落する前に早めに査定依頼してみてくださいね。

※ご連絡先情報は正確にご入力ください