車を手放す際には「車買取」と「車下取り」の方法があります。
でもディーラーに言われるがままに下取りに出してしまうと、何十万円も損をしてしまう事になります。

あとになって「もっと高く売れたんだ…」なんてことにならないために、ぜひ知っておいて欲しいという情報を当サイトでご紹介していきます。
ここを使えば今乗ってる車の最高額が出せる!と言えるおすすめの車買取の一括査定サイトも紹介しています。

>>車買取り一括査定サイト比較一覧にジャンプ<<

例えば『かんたん車査定ガイド』に査定を依頼した場合、ネットで簡単な必要事項を入力するだけで最大10社の車買取業者の査定を受けられるのです。業者同士の競争も起こるのでかなり査定額も高めになります。

その中で最も高値をつけてくれた業者に売却すればよいのです!
数十万円あればちょっとリッチな家族旅行に行ったり、家のローンに当てたり、恋人と豪華なディナーだって何回も行けちゃいますし、もちろん貯蓄にまわしてもOK!

『かんたん車査定ガイド』はこちら

【横長バナー画像】

車査定の登録のおすすめサイト!


車買取の相場は時期だけではなく業者によってさまざまで、
業者毎に得意としている車種が異なるため、査定額に差がでる事があります。

あなたの愛車の価値がどのくらいなのかを把握するために5サイトのうち、2・3サイトに登録した方が確実です。
実際に比較をすることで、車査定後の買取額が数十万違ったという人もいます。
車を売るのであれば業者を1社だけに依頼することはあまりお勧めしません。

無料の一括査定サイトを使用すれば入力した情報をもとにして査定額が算出されますので、それぞれの査定額を比較していけば、どの業者に売ればいいかもわかります。

3サイトに申し込んだとしてもすべての入力は早ければ10分ほどで終わりますのでやっておいて間違いなく損はありません。

高値買取を実現するポイント!

1.車買取サイトで愛車の相場を知る

2.比較するものを増やすために複数のサイトで査定を申込む

3.1番高い値段をつけた業者に売却する

この3つのポイントをおさえれば、あなたの愛車を最高額で売ることができます。

カーセンサー

リクルートの車情報誌でも有名な「カーセンサー」が運営している車買取り一括サイトで提携業者数も業界ナンバーワンです。中小規模の買取業者とも提携しているので、普通車・軽自動車・高級車はもちろん、大手では買取り価格が下がってしまう改造車などに強く廃車の買取も行っています。
カスタムした車をお持ちで困ってる人・廃車にするか悩んでいる人にもおすすめです。

【査定を受けられる主な業者】
アップル、ガリバー、カーチス、オートブレイン、ハナテン、JAC、ビッグモーター、オートスタイルトレーディング、モード・ワークス、グローバルリンクス、フロントラインなど

他社に比べて入力する項目がすくないので、最短32秒であなたの車の概算見積もり金額を算出してくれます。車種別の相場も表示されるので、あなたの車を売るときの参考にもなります。
かんたん車査定ガイドなら様々な業者からの見積もりが受け取れるので車買取業者の比較にも役立ちます。

他のサイトの業者と合わせて比較すればさらに高値買取のチャンスになります。

【査定を受けられる主な業者】
ガリバー、アップル、カーチス、カーセブン、ビッグモーター、ハナテン、ソッキン王、プライムゲート、Shimaシマ、東京アセス、WoodStockなど

提携車買取業者が150社以上で業界トップクラスです。その中から最大10社の一括査定が受けられるので比較もしやすいです。累計利用者数60万人以上の実績!もありカスタマーサポートがあるので車買取り査定が初めて方でも安心です。

【査定を受けられる主な業者】
ガリバー、カーチス、カーセブン、ビッグモーター、ラビット、ユーポス、ソッキン王、カーリンク、ウッドストック、ジャック査定センター、ハナテン、カーチェンジA1など

carview

日本最大級のネットワークを誇る車買取サイト。
車関連のsns「みんから」を運営していることでも有名。利用者300万人の実績で安心。
全国600社以上と提携、地場の買取会社も多い。事故車や廃車にするしかないような車でも買取OK!

スクラップにするしかないと諦めてしまう前に一度カービューをつかって買取金額を算出して確認してみましょう。

【査定を受けられる主な業者】
カーセブン、カーチス、アップル、ユーポス、ラビット、ハナテン、ビッグモーター、JAC、カーリンク、アラジン、キャスト、NEXTAGC、ソッキン王など

他の一括査定サイトにはない特徴が楽天ポイントがもらえるということ!
査定申込で5ポイント、成約すると3000ポイント(3000円分)がもらえます!
提携先も優良査定会社ばかりなので安心です。

【査定を受けられる主な業者】
カーセブン、カーチス、アップル、ユーポス、ラビット、ハナテン、ビッグモーター、JAC、カーリンク、アラジン、キャスト、NEXTAGC、ソッキン王など

車買取に一括査定サイトで無料査定が完了したあとは、買取業者の方が実際の車を確認するため出張査定にきます。
あとは正式な見積もり依頼が完了したら、その中で一番高い業者を選ぶだけです。

新車購入を考えているディーラーに見積もりをもっていき交渉するもよし、そのまま買取業者に売ってしまうもよしです。

ここで気を付けて欲しいポイントがあります。

車の買取業者に買取り依頼をする場合、わかってる事ではありますが、次の車を購入して納車されるまので期間は、あなたの元に車がない状態です。

当然、車がないということは、その間の移動手段を確保しなければいけません。
あとで「しまった」とならないためにも確実に車を使うことがない時期に車買取への依頼をする事をおすすめします。

それでも、今の価格が下がらない内に買取ってもらいたいという人は、買取業者によっては、代車の手配をしてくれるところもあるので、
業者に代車の手配をしてもらえるかの確認を忘れないようにしてください。

車買取をするための一括査定サイトの流れ

※10月5日更新
ユーザーからの問合せがあり一括査定サイトの使用方法を別ページに移動しました。

パソコンで車買取の概算を知りたいという方で、査定依頼をする前に、
「実際の一括査定ってどうやるの?」という方は下記ページで「かんたん車査定ガイド」を例にご案内してます。

スマートフォンで現在サイトを閲覧してくださっている方は、
下記のページから、スマートフォンでの流れを確認してください。

こちらのサイトから、面倒な入力をすることなく下取りの相場を確認することができます。
実際にいま載っている愛車がどのぐらいの評価をされているのか確かめてみてください。

ここで注意していただきたいのが、シミュレーションサイトにも下記の記載がありますが、
下取りはあくまで「参考価格」としたお考えください。

・本サイトでの査定価格は「参考価格」です。この金額での下取りを保証するものではありません。
・実際の下取り価格は、キズ・走行距離・修理歴の有無等おクルマの状態や地域等によって異なります。
お持ちのおクルマの正式な下取り価格は、お近くの日産のお店にお問合わせください。

上記サイトは、下取りにシミュレーションになりますので、過度な期待はしないようにすること。

実際に車は同じ車種であっても、走行距離や車体キズなどの程度によっては価格は変動します。
シミュレーションで確認した価格を信用して、販売点に持っていったところ、半分以下の価格になったという方もいます。

損をしないためには、やはり車買取業者の査定額、下取りの査定額を自分の目で確認したうえで、
希望する金額により近いところで車買取をおこなうようにしましょう。
「下取り」依頼と「買取」依頼に分けられます。

一般的に今乗っている車が古くなったり、家族の人数的に窮屈になってきたなどの理由で新車購入を検討した場合に利用するのが「下取り」を選択する人が多く、日本人の80パーセント近くが利用しているサービスです。

下取りの場合はトヨタ・日産のなど、ディーラーを通しての手続きを行う人が多く、新車購入代金の一部として充てる形で車を引き渡します。
車買取は乗っている車を売って現金に変える事になります。

「単独査定」と「一括査定」の違い

この買取りには「単独査定の買取」「一括査定の買取」 の2種類があります。
単独査定はもっとも一般的な方法で、街の中古車業者に車を持ち込んで査定を行い満足のいく価格だったら売却を決定する方法です。

「一括査定の買取」というのは、一度の査定依頼で、複数の優良買取専門店の見積りを競わせることができるシステムで、
インターネットを利用してそれぞれの業者からだされた見積もりを比較して最高値の業者に売却する方法です。

最近ではインターネットが普及したこともあり、自宅にいながら複数業者に見積もりを依頼できることから、利用者が増えてきている車買取の方法になり、業者間での価格競争もあるので、単独査定にくらべ相場が上がりやすいのが特徴で、車を売ることを検討している方におすすめの方法です。

>>車買取り一括査定サイト比較一覧で早速査定に申込んでみる<<

「多くの買取業者」の見積もりが受けられるから

車買取業者ごとに必要な車種が違うために買取額にかなりの差が出てきます。しかしあなたの車を本当に欲している業者が必ずしも近所にあるとは限りません。

中古車一括査定サイトを活用して出会いの場を広げておくことで、より高額で引き取ってくれる業者を発見しやすくなるのです。

業者間で「競争意識」が生じるから

各業者が、他の業者に負けないように頑張って、自社の最高査定額を出してくれるというメリットもあるのです。

つまり、そこで生じた競争意識が、買取額の引き上げに作用して愛車の買取価格が大幅にアップしてくれるというわけなんです。

さらに高値を狙うなら・・・

ここまでお読みいただいた方は、一括査定サイトのメリットは十分お分かりいただけたと思います。さて、ここからは更に高値で売るために実践していただきたい方法です!

中古車一括査定サイトは、1サイトだけでなく

複数登録するのがベストです!

たとえば、「かんたん車査定ガイド」と「ズバット」

提携業者が違っているのにお気づきでしょうか?

かんたん車査定ガイドの提携業者(一例)

↓↓↓

ズバットの提携業者(一例)

↓↓↓

カーセンサー.netの提携業者(一例)

↓↓↓

カービューの提携業者(一例)

↓↓↓

地域密着型の中小の業者でも思わぬ高値がつくことがあります。また業者によって得意な取扱車種も違うため数多くの業者からの見積もりをとることは大切なのです。

なるべく多くの買取業者に査定してもらう機会を増やすことは車を高く売るためにとても重要です!そのためにも、複数の一括査定サイトに登録するのがベストなのです。

「かんたん車査定ガイド」と「ズバット」「カーセンサー.net」「カービュー」などはいずれも一括見積もりサイトとしては最大手。
この中から2~3サイトに登録しておけば万全ですね。

もちろん、1サイトだけでも十分な効果は得られますが、複数の一括査定を合わせてつかうことによって、より広い選択肢を得ることができるのです。
ほんの少しの手間で愛車の売値が大きく変わってきます。これから車を売る方はぜひ実践してみましょう!

車買取の一括査定を利用して、愛車を売却したあと、次に購入する車が決まっている人もいますが、
一時的には車を乗る必要性がなくなりますが、しばらくして新車の購入を検討する人もいます。

そんな時に知っておいて欲しい「車の買取後の新車購入時の値引きのポイント」を簡単に案内します。

新車を購入する時には、多くの人は値引きをしてもらい購入することになります。
ですが、初めて新車を購入する人の場合には、どうすれば値引きをしてもらうことが出来るのか分からない方もいて、値引きがうまくできないと
車の買取時と同様に損をしてしまう可能性があります。

そんな、初めて新車を選ぶ方は値引き成功の確率を上げる、いくつかのポイントがありますので、そこを押さえてみましょう。

値引きがされやすい時期を狙う

まずは値引きをしてもらいやすい時期を狙って値引き交渉をすることです。
3月の決算、9月の中間決算がまずねらい目です。決算での売り上げを伸ばすことで、業績を良くしたいという販売店は多く、

この時に少しでも多くの車を販売したいという気持ちから、値引きをしても買ってもらいたいと販売店は考えます。
また、7月や12月といったボーナス時期には、やはり多くのユーザーを獲得するために値引きを行う販売店が多くなりますので、この時期を狙いましょう。

車のモデルチェンジを狙う

車にはモデルチェンジがありますので、車買取の相場が変動するのと同じで、同じ車種でも、
少しずつ改良を加えて車のモデルを替えていくことが良く行われています。

このモデルチェンジの少し前には、モデルチェンジ前に製造した車の在庫を抱えたくないという理由から、
多くの販売店で値下げをして販売をすることがあり、最近ではこの時期を狙って、新車購入をする人がいます。
最新モデルにこだわりがないという場合には、このモデルチェンジ前に購入するのは、大幅値引きを期待することができます。
値引きではなく、価格はそのままで、装備品をプラスしてもらうという交渉方法もありますので参考にしてください。

>>車買取一括査定サイト一覧にもどる<<

当サイトで一番オススメの一括査定サイトはカーセンサー!